アメブロ 集客方法

小規模事業者はやることいっぱい、なので省力化を考えてみては

大規模な組織であれば、儲かるとなればド〜ンと資金を投入して、外注さんやバイトを雇って、人海戦術でゴリ押しできます。

 

利益率は少なくても売上重視の企業はなおさらドンドン進めて、シェアを取っていきます。

 

でも、僕のような個人レベルの時事業者や家族でやっているという自営業者にはそんな資金力も時間もありませんよね。

 

目の前にいらっしゃるお客さんと経理に追われるという循環で成り立っている事業者も多いです。

 

そこで如何にやるべきことを効率化して、時間を作るかが必要となってきますよね。

 

そういうわけでツール等選択が出てきます。

 

これは後ほど紹介いたします。

 

アメブロの集客方法、アクセスアップの仕方

 

こちらのことはアメブロに限らず、どんな商売にでも言えるのですが、ネットでのアクセス=リアルの接触回数、ということになると思います。

 

何かを投げかければ、お客さんに当たるかもしれない。

 

1万人に1人の確率でお客さんになってくれるのであれば、10人のお客さんがほしければ10万人に告知する。

 

単純に行ってしまえばそれだけ。

 

「いや、そんな単純にならないよ〜」と何もしないのは愚の骨頂です。

 

まずはやってみるという方法が一番ですね^^

 

では、アクセスアップの方法をアメブロの場合考えて見ましょう。

 

アメブロのいいね!読者登録、ペタ

 

アメブロが日本一のブログ(正確には日本一のページビューを誇るブログ)サービスになったのは仕掛けのためだと思っています。

 

芸能人や有名人を引き込んでいるというのも素晴らしい仕掛けですが、SNSという側面を持ち合わせる仕掛けです。

 

それが、いいね!ペタ。そして読者登録です。

 

いいね!して他社を応援してどうするの?

 

ペタなんかしても、集客にならないだろ〜

 

ましてや読者登録しても・・・・・読者登録してほしいのはこっちだよ^^;

 

そのような声が多少聞こえてくるような気がしますが(笑)。

 

このような仕掛けが自社のネットショップ、ご自身の事業者のアメブロに返ってくるのです。アクセスとして!です^^

 

逆に考えるとピンとくるかもしれませんね。

 

いいね!が自分のアメブロに入ったら、どんな人がいいねしてくれたか見に行きませんか?

 

ペタも見に来てくれるかもしれません。

 

読者登録の通知が来たら、こちらもお返しの読者登録しなければとブログに訪問しませんか?

 

それがアクセスになるのです。

 

1回や2回のいいねや読者登録、ペタであればそれ程のアクセスは出来ません。

 

ただ、2018年3月30日時点の現在のところ、いいねは1日300件、ペタは500件、読者登録は50件出来るのです。

 

その数アクション起こしただけアプローチしたことになるのですね^^

 

それを手動でやるのはそれだけで一日が終わってしまいますので、ツールを動かして効率化しましょうというお話がこのサイトの目的なのですけれど。

 

アメブロはじめて1週間ほどのアクセス

 

 

上記が3月20日にはじめたアメブロです(あるお店のブログを書いています、まだ、3記事のみです)

 

ずっと、自宅や事務所などに居るわけではないのでツールを動かしていない日はアクセスはもちろん落ちます。

 

これを少ないと見るか、多いと見るかはご判断はお任せいたしますが^^

 

 

続いて、いいね!の数です。

 

この記事がいい記事というわけではなく、いいね!などしたお返しのいいね!がほとんどだと推測しています。

 

僕の場合はこのアメブロだけに関わっていないので、これぐらいのアクセスやいいね!しか無いですが、毎日きっちりとやっていけば、徐々にアクセスも増えると想像して居るのですが。

 

このように集客につながるアクセスがいいね!やペタ、読者登録をすることによるものになります。

 

それを手間なく(本当はある程度手間をかける)、手動よりもはるかに効率よく行うのがツールの役目です。